RIDING THE IRON HORSE

WHERE THE WEST IS STILL WILD !
c0167821_13154774.jpg
汽車から谷川までの渓谷の高さは数十メートルはある 時速30km位で
ゆったりとのんびり走ってくれる
c0167821_13164667.jpg
窓からカメラを出してこんな写真を撮ると軌道の管理や安全性に
問題ないのかと余計な心配をしたくなる絵が撮れる
c0167821_13171971.jpg
今回の旅は移動に直行便で行けるところは一カ所も無かった

オハイオからアーカンソーへはアトランタ経由 アーカンソーから今回の

コロラド州デュランゴへはテキサスのダラス経由いずれも行き先が

地方の小さな空港なので移動に少し手間がかかった・・・・でも行く先々では

その甲斐があった この度も 未だに開拓時代の西部劇の匂いがむんむんするところに

30年近く交流のある友人が住んでいて呼んで貰った

この蒸気機関車の汽車の旅はこの辺でも一番人気のある物の一つだと思う

DurangoとSilvertonの2つの町をサン・ホアン森林国立公園の中の渓谷沿いに

片道約80km余り 往復8時間の汽車の旅である 暇のある人はグーグルマップで

Durango CO を検索して町を拡大すると

デュランゴ & シルバートン・ナロウ・ゲイジ・レイルロード&ミュージアム 

クリックすると綺麗な汽車の旅のスライドショーが見られる

[PR]
# by jh3rdg | 2017-10-14 16:53 | 風景 | Trackback | Comments(4)

We are friends for 62 years

Friends in Arkansas
c0167821_16302575.jpg
丘陵地帯に立つ付近の家々は敷地も広く緑も多く 環境抜群
野鳥を撮るのも楽しめた


c0167821_17043246.jpg
彼と付き合い始めた1955年 僕は後列 学帽の真ん中
c0167821_16343575.jpg
至れり尽くせりの歓迎を連日受け恐縮しまくった
c0167821_17120795.jpg
裏庭がだだっ広く一角にフィーダーが置かれていて
絶えず色々な野鳥がやってくる中 写真を撮りながら
色んな話をしながら流れる時間を楽しんだ

アーカンソー州の北西部の片隅にベラ・ビスタと

いうところが有る ミズーリ、オクラホマ、テキサス、テネシー、ミシシッピー、ルイジアナ

の各州に囲まれている内陸部にある州といってもピンと来ないかも・・・・

そこに退職 隠居して17年という旧知の友人においでおいでといわれ

居候を決め込んだ 自分は13歳の中学二年生 彼19歳 かってのアメリカンエアベース

進駐軍の兵士で知り合いになった 1955年のことである 全く日本語の

出来ない彼に英語を1年半ほど教えて貰った 勤務を終えた彼はアメリカに

帰ったが その後も文通で交流したり仕事でアメリカに飛んだ時は

会いにも来てくれた ”結婚30周年の記念旅行に日本に行きたい”

と連絡をくれたのが1992年 何日か休みをとって近場を案内して旧交を温めた

あれから25年前 最近のメールで”僕も81歳 来るのが遅いと一緒に遊べなく

なるよ”と脅してきた それで決めた 滞在の6日間は歓迎責め 多少

疲れたがそれでも夜は居間でお茶を飲みながら 昔話に思い切り

花を咲かせ楽しんだ

[PR]
# by jh3rdg | 2017-10-12 20:40 | | Trackback | Comments(4)

アミッシュの人々

Amish people in Ohio
c0167821_23064025.jpg
一般の公道を他の車と同じように走る馬車の後ろには
ウィンカーと反射板がついており御者の横には
バックミラーも付いている ウィンカーを点灯させるために
唯一の電気製品バッテリーが搭載され 充電用の太陽電池が
各家庭に設置されている
c0167821_23090534.jpg
c0167821_23110389.jpg
アミッシュの為だけの学校が開設され規模は小さい
感じがする 成人するまでの子供の服装はいろどり
は自由みたいだがデザインはシンプルで 統一
されているみたい
c0167821_23123042.jpg
洗濯機も乾燥機も使わない 手洗いで物干しも外にこのように・・・
アミッシュの家庭であることがわかる
c0167821_23143808.jpg
農作業は大変だろうなと推察
c0167821_23164797.jpg
経済活動はかなり活発で 村の中心部には一般の人が
彼らの作る蜂蜜 ジャム バター チーズ等多くの農作物
蝋燭 パッチワークその他雑貨製品 家具等を販売する
店が軒を並べている 

(Wikipediaより)
アーミッシュはスイスのチューリッヒで生まれた一派で、

のちにドイツに移住した。キリスト教と共同体に忠実である

厳格な規則のある派で、教会の純粋さを保つためにほかのグループから離れて

暮らすいっそう保守的な派を作った

アーミッシュは移民当時の生活様式を守るため電気を使用せず、

現代の一般的な通信機器(電話など)も家庭内にはない。

原則として現代の技術による機器を生活に導入することを拒み、

近代以前と同様の生活様式を基本に農耕や牧畜を行い、

自給自足の生活を営んでいる。自分たちの信仰生活に反すると判断した

新しい技術・製品・考え方は拒否するようである

[PR]
# by jh3rdg | 2017-10-09 09:39 | | Trackback | Comments(2)